患者様の声

患者様の声

こんにちは、Honoka整骨院です。

 

s__209321988

 

今回は患者様の声のご紹介です。

 

コメントありがとうございました。

 

 


患者様の声

こんにちは、天満橋Honoka整骨院です。

 

今回は患者様の声のご紹介です。

 

s__3006466

 

これからは、姿勢も気をつけれるように施術していきます。

 

ありがとうございました。


患者様の声

こんにちは、天満橋Honoka整骨院です。

 

s__2990083

今回は患者様の声のご紹介です。


患者様の声

こんにちは、天満橋Honoka整骨院です。

 

今回は患者様の声をご紹介します。

 

s__209321989

 

当院は、交通事故の患者様にも対応しております。

 

お気軽にご相談下さい。


患者様の声

こんにちは、天満橋Honoka整骨院です。

s__209321990

 

患者様から素敵なコメント頂きました!!

 

ありがとうございます。


患者様の声

こんにちは、天満橋Honoka整骨院です。

s__2859010

今回は患者様の声を頂きました!!

 

Oさん、これからもしっかりと治していきますね。

コメントありがとうございました。


患者様の声

こんにちは、天満橋Honoka整骨院です。

 

s__2834435

患者様の声です。

 

いつもありがとうございます。(^^♪

親切で丁寧な施術とアドバイスをしていただき、

安心して通院しています🌸

肩こりも楽になり、姿勢が良くなってきているのを

実感できてます(^^)/


ゴルフ肘

こんにちは、天満橋Honoka整骨院です。

11

今回は上腕骨外側上顆炎の患者様です。

 

上腕骨内側上顆炎(野球・ゴルフ肘)の症状とは?

 

上腕骨内側上顆炎とは肘の内側に痛みが現れる疾患です。

 

ゴルフ選手や野球選手に多い症例であったため、ゴルフ肘・野球肘と呼ばれることもあります。

 

手首を曲げたり、内側に捻る動きで痛みが生じ、手首を反らす・外側に捻る動きにより痛みが生じる上腕骨外側炎(テニス肘)とは区別されます。

 

日常生活では、ものを掴んで持ち上げたり、雑巾を絞る、スーツケースを引っ張るといった動作時に肘の内側に痛みが生じ、筋肉を使用しない安静時には痛みが生じないことが多いです。

 

肘を延ばした状態で抵抗に逆らって手首を曲げる・内側に捻る動作をしてもらい、肘の内側に痛みがあると上腕骨内側上顆炎が疑われます。

 

今回の患者様は軽度でしたが、今後もゴルフがしたいという事でしたので現在も治療しています。

 

原因としては・・・。

 

この症状では上腕骨の内側上顆と呼ばれる場所に付着する、手関節・手指の屈筋群の腱に炎症が生じています。

12

 

画像ではレントゲンで異常を認めず変形性関節症とは区別されます。

 

加齢と共に繰り返される等の動作で腱が摩耗して耐久性が低下し、痛むことで発症すると言われており、

 

特に前腕屈筋群の筋緊張が強く伸張性が低下すると滑走が悪くなるため、重いものを持ったり、

 

力を入れることで牽引されるストレスが増加します。

 

また、姿勢が悪く、猫背になると肩甲骨の位置が外へ流れることで安定性が失われ、腕に力を伝えることが難しくなり、

 

過剰に力を入れる癖がつくことで筋緊張を高めてしまう原因となります。

 

 

当院では、肩甲骨の位置から治していくことが出来ます。

 

なかなか痛みが取れない方、しっかり姿勢矯正・猫背改善して治したい方は、当院にお任せください!!!

 


1 / 41234

▲TOPへ